*All archives* |  *Admin*

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大阪マラソンを本当に走ってきました。
     START
     | 
  ぼちぼちいこか
     |
     5Km
     |
 余裕すぎて笑てまうわ
     |
     10Km
     |
ちょっとペース上げたろけ
     |
     15Km
     |
ランナーズハイって気持ちええな
     |
     20Km
     |
 そろそろ休憩したろか
     |
     25Km
     |
こっから必死のパッチやで
     |
     30Km
     |
マラソンがなんぼのもんじゃい
     |
     35Km
     |
  シャレならんコレ
     |
     40Km
     |
 ヤバイ…もうアカン…
     |
    42.195Km
     |
 足がとれて動けまへん…
     |
    GOAL

スタートで整列しているとき、前の人のTシャツにこんなプリントがしてあった。
ちょっとおもしろかった、と同時に「おれもこんな感じになるのかな」と思った。

あまかった・・・。

20Km地点までは6分/Kmペース
30Km地点までは6分半/ペース
悪くない
むしろ良い
しかしすでに18Km地点でボロボロだったのです。

もう足が痛くて痛くて
香港マラソンでハーフをGOALした時くらいの限界っぷりで
もうひたすら耐えるのみ

沿道のおばちゃんが「あともう20Kmやで!」と声援
オレそれ聞いて思わず笑ってしまった、でもこの痛みで20Km耐えられるのかと絶望

30Kmまでは何とか歩かない、と心に決め
沿道の方の一言の「がんばって」で一歩足をすすめ、次の「がんばって」でもう一歩
こんな具合にひたすら耐えて30Km

もう、感じたことのないような足の痛み
ここで止めなきゃ、壊れるとも思いました。

しかし、31Kmまでは歩かない
31Kmに来れば、32Kmまではと走り続けました。

そろそろ意識がおかしくなり始め
ちょっとセンチな気分に・・・
『オレは今どこを走っているのか?後ろには何人いるのか?
そんなことを考えたって仕方がないじゃないか。
なんでオレはそんなことを気にしているのか。
今自分ができることを限界までやればいいじゃないか!
そしてその限界が大した事のない限界ならば、また努力を重ね自分の限界を伸ばせばいい。努力すればいい。
そしてまたオレは自分の限界に挑戦するのだ!』
と、今回のマラソンから大いなる学びがあったところで36Km地点。

歩いてしまった。限界
歩くのも、また限界

しかしさらに高まる沿道の声援
このタイミングで届いたメール

何とか足を進める

38Km地点

足の裏で、皮膚がずれる感触

やってしまった


40Km地点
「なんで42.195Kmなんですか?その端数は必要なんですか?40Kmじゃいけないんですか!?」
などと蓮舫さんバリの文句が頭をよぎり

あとは何とか沿道の声援が支えてくれて何とかゴールを果たしました。


○大阪マラソンの感想
もう沿道の声援がすごい。スタートからゴールまで途切れることのない2重3重の応援の皆さま。
しかもテンションが高い!そしてなぜか仮装している。
みんながみんな楽しんでいる。そんな感じ。
おっちゃんのギャグみたいな声援。
ひたすら続くおばちゃん達のハイタッチ。
そして子供が元気!
もうこれは凄いと思いました。
東京マラソンとは雰囲気が違う感じ。
もう途中3回泣いちゃいました。


今回のフルマラソン

大きなものを学びました

もう学んでしまったので

もうフルマラソンから学ぶものはないと思います

もう走ラないと思います


ありがとう!

大阪マラソン!!

記念すべき第1回大会に出場できて光栄です!



次のタスキは同じく大阪マラソンを完走したI野さんに託します。
I野さん視点での大阪マラソンをお楽しみください。


スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。